火災保険のはなし | 岐阜市の注文住宅ならライフスタイルに合わせた設計の六原建設へ

火災保険のはなし

火災保険は火災時のみの保険ではありません🏠

火災時はもちろんですが、風災・水災(大雨・台風)などの自然現象、水ぬれ(水漏れ・雨漏り)のほかにも、

プランによっては盗難や、破損・汚損などの偶発的な事故まで備えられ、弁護士特約や、類焼特約などオプションもたくさんあり総合的な保険となります✨

例えば。。


火災・落雷など・・隣家から延焼した・雷が落ちて延焼してしまった😥

風災・・・台風で屋根の瓦が飛んでしまった・強風で窓が割れちゃった😖

水ぬれ・・水道管が破損して、天井や壁紙が水浸💦

盗難・・・泥棒が入った時に窓を割られた・ドアを壊された🔨

水災・・・豪雨による土砂崩れで家が全壊してしまった😱

破損・汚損・・部屋の模様替えをしていて、ソファで窓を割ってしまった・水道管が凍って破損した🚿


こんなときも、火災保険を使ってなおすことができます。

そして、大事なのが「家財」をつけることです。


家財をつけておくと、さらにこんな時、保険を使えます。

火災・落雷など・・家の近くの電柱に落雷して電化製品が壊れちゃった⚡

風災・・・台風で窓が割れて雨が吹込み、家具・家電が壊れちゃった☔

水ぬれ・・2階から水漏れがして、1階のテレビが壊れた📺

破損・汚損・・子供が遊んでいて、パソコンが割れちゃった💻

★プランによりますが、免責があるので100%の金額ではないこともあります。


住宅にはもう一つ保険があります。

地震保険は国で設定されているため、地域によりどの保険会社で加入しても同じ金額・補償となります。

火災保険に付随しており、単独では入れません。

地震保険の保証は、家を補修するものというよりは、災害時の一時的な生活の保障が目的のため、火災保険の50%がMAXとなりますが、

オプションで100%にできるものがあります。


火災保険も家財も地震保険も、あくまでも保険となりますので、

必ず使うことがくるとは限りませんが、不安を取り除くための1つの手段となります。住宅ローンを組む際には、借入先の銀行さんに入るように指示されます。

入られる際には、保証の内容をいろいろ吟味し、あとで「しまった!」がないようにしたいですね😊


年間の降りる金額に上限はありますが、回数の制限はありません。

火災保険は自動車保険とは違い、使っても保険料があがることはありません。

これって保険使えるかな?と思われたら、

加入されている保険会社に問い合わせてみてください📞


六原建設では、火災保険もお取り扱いしております🙋‍♀️

保険の内容や、お見積りなどご相談させていただきますので、

お気軽にお問合せ下さい📩


ライフスタイルに合わせた注文住宅は岐阜の六原建設へ