木材の高騰 | 自然素材にこだわった注文住宅なら、岐阜県岐阜市の六原建設

木材の高騰

 

 現在、コロナによる不況を防止する経済対策の効果もあり、アメリカの住宅着工、販売が好調で木材需要が増加しており、カナダ、アメリカの米松など針葉樹の産地価格がかなり高騰しているとのことです。

北米産針葉樹の輸出先である日本への供給が減り、国内需要へシフトしている流れ。木材の輸出国の目は完全にアメリカ・中国に向かっているようです。米松、米ツガ、SPFなど現在、すべて利用してる木材です。

コロナの影響でコンテナ不足になっていて、思うように輸入できず、本州では止まってしまった工場も出てきているという話もあります。


 北米材北欧材の品不足、産地価格高騰は長引く可能性が高そうです。

国産材へシフトに変わっていくの流れと思いますが、今までの市場やらですぐにとはならないし、同じように動向していけば国産材の価格も上がっていくのは間違いなさそうです。。。


木材屋さんからの情報もここ2週間でかなり変わってきているとのこと。

ここまでの影響は初めてです・・・。値上げ、調達などすでに影響が出ていることでご協力・ご理解をお願いすることご了承ください。


木材だけでなく、いろいろ(鉄や配線・・・連絡がきてますね。)値上がりの話が多く、悩ましいです。今後も情報を常に仕入れていきます。


ROKUHARA